合宿免許の足
ホーム > > 「神様はバリにいる」

「神様はバリにいる」

祥子こと尾野真千子が演じるヒロインが借金から逃れる為に「バリ島」へ行き断崖から海へと飛び込もう(死のう)としている場面から始まって、そこでリュウ(玉木 宏)と知り合いになりリュウが尊敬するバリの大富豪アニキ(堤真一)と出会い、大富豪アニキから「成功の秘訣」を日々伝授されヒロインが成長していくというストーリーです。堤真一とバリ島の慣習が良かったと思うのですが「夢をかなえるゾウ」お話にそっくりでしたから同じ人が書いた本だと思ってしまいました。話の筋は「夢をかなえるゾウ」と同じです。あとは尾野真千子って意外と美人なんだなって感じましたが演技が断然ヘタで見づらい程でした。なぜかナオトインティラミさんが大泉洋さん的な感じで出演していました。娯楽ですから気にしませんが堤真一さんが出ていなければ、また尾野真千子さんのファンでもない限り。あんまり見所とか面白みはないです。白髪染めクリニック